Uncategorized

WBC準決勝見ました?

今日の話題は何といってもWBCでしょう。

苦しんで苦しんで勝ち切った試合。

いやー感激しました。

6回まで3点をリードされており重苦しい雰囲気になっていた。
もうダメだなぁと言うふうに思っていた矢先のあのスリーランホームラン。

一気に同点。

いよいよ反撃かと思っていたら、なんと次の回に逆転されることに。

このときにはさすがに諦めました。

しかし日本選手はあきらめることなく9回裏のあの土壇場の大逆転劇。

先頭打者で打った大谷選手のあの2塁打。

↑ 大谷が脱ぎ捨てたヘルメット(笑)

本当にスターってこういう人のことですね。しかも純粋でひたむき。

そして吉田選手。吉田選手はその前にスリーランホームランを打っていますので、ピッチャーは警戒したんでしょうね。

その挙句のフォアボール。

そしてなんといっても村上選手でしょう。本当に良かった!

栗山監督の選手を信じて活躍させる力も素晴らしい!

閑話休題

私は時々考えるのですが、なぜこのワールドベースクラッシックが面白いのでしょうか?

サッカーの時もそうでしたが日本代表というのがやはり一番大きなことではないでしょうか。

私たちの代表であるという意識が日本国民全体を熱狂させている気がします。

その規模が小さくなり、例えばジャイアンツが好きだとかベイスターズが好きだとなればそのチームを応援したくなる気持ちも少しわかるような気がします。

ちなみに私はそういうチームないもので・・・。

そんな私も俄かファンになり、このワールドベースクラッシックもサッカーもワイワイと応援をしてしまいました。

またこれも時々思うのですが戦争なんかせずにやはりスポーツをやるべきではないでしょうか。

スポーツで戦う。しかもスポーツマンシップに乗っ取り爽やかに戦う。それが大事なのではないでしょうか。国としてもそこに力をかける。そこにお金をかける。変な外交しないで爽やかにルールの中で戦うということが大事なような気がします。

それぞれの国で得意なスポーツを編み出していく。
それは、チェスや囲碁でも良いわけです。

そのようなことをやっていれば世界はどんどん平和になっていくような気がするのは私だけでしょうか。

そして、たとえ試合で負けたとしてもメキシコのギル監督のように

「Japan advances, but the world of baseball won tonight.(日本が勝った。しかし、今夜の試合は野球界そのものの勝利だ)」

のような名言が言える国家元首であってほしいですね。

今日も読んでいただきありがとうございました。
Konちゃんでした。