IT(アイティー)

「光回線・新規」乗り換え その2 事業者変更と事業者変更承諾番号

神対応 OCN 電話相談

と言うことで私は早速OCNに電話をしてみましたところでこのOCNの電話の対応は非常に親切でした。

そもそもOCNに電話をすると取り次ぎ係と言う人に電話がつながりました。

もちろん最初に、「○○の方は番号を押してください」と言う例のアナウンスはあるのです。

しかし、その後に待たされることがほとんどなく、係りの人に電話がつながったのです。

皆さんは経験はありませんがありませんか?
ただいま大変混雑しておりますもうしばらくお待ちください」と言われて10分も20分も待たせられる。
あれが全くないのでストレスフリーでした。

そして言われた事は「私は取り次ぎ係です。この電話番号に今から2時間以内に電話を差し上げますのでそれでよろしいですか?」

これは願ってもない申し出ですね。電話を持ったまま10分も20分もスピーカーモードにして待機している必要は無いのですから。

携帯電話の電池も消耗しませんしこちらのストレスも全くありません。

すると約2時間後に電話がかかってきました。

対応してくれたのは「もう何でもお任せ下さい!」と言う感じのベテランの女性の方。

最初に質問したのは、そもそも私が利用しているOCN光と言うのはいわゆる光コラボですかと言う超初歩的な質問。

そのことについても全く親切に教えてくださいました。

さてその後です。私は今からこのOCNを解約しようと思っています、と言うことを伝えました。

ここはおっかなびっくりですね。

そのようなことを伝えたら、相手から引き止められるのではないか、いろいろな理由を挙げられてやめなさい、と言われるのではないかと言う感情が芽生えていましたが、全くそんな事はありませんでした。

とにかく懇切丁寧にいろいろなことを教えていただき、私が入っているプランはOCN光という光コラボだということがわかりました。

さらに私が他のプロバイダーに移行すると言うふうに考えている事はフレッツ光を使い続けるならば事業者変更と言う手続きであるということがわかりました。

つまり私が次に利用しようと考えている楽天光に移動するには事業者変更手続きをし、事業者変更承諾番号というのをもらう必要があるらしいのです。

ここまでわかったらこちらのものです。さっさと電話を切り上げて切ろうと私は考えていました。

しかし向こうの女性の方は「ひかり電話を入っていませんか?」と聞いてきました。

これについて事前に私は把握しており、どうも調べてみるとOCN光とセットでは入っていなかったようでした。NTT東日本から直接請求が来ていたのです。

そこでそのことを伝えると、もし楽天光でひかり電話を申請する場合には気をつけてくださいね。楽天ひかりは特殊なプロバイダーでひかり電話を同時に受付はしていませんよ。
と教えてもらったのです。

この後私はNTT東日本に電話をして自分の使っている固定電話の回線が光回線なのかアナログ回線なのか教えてもらうことになります。

そこで判明したのは未だにアナログ回線で月2200円程度支払っていました。とすればこのOCNの女性の方のおかげで私は今後、月々1000円以上節約することができそうです。

さらに、このNTT東日本の案内の方は楽天ひかりでもひかり電話の案内をしていると聞いたことがありますので確認してくださいと言ったのです。

後日楽天光のほうも電話をして確認してみるとひかり電話は受け付けていませんと言うことでした。

何とNTT東日本よりOCN光の方の方がきちんとした情報を持っていました。

もうこの段階で私はOCN光に残ろうかな、などと言うことだって考えてしまいました(笑)

話があっち行ったり、こっち行ったりしましたが、とにかくOCNの方には結局30分以上も親切に対応してもらい、かなり理解することができました。

事業者変更についてもっと早く教えて欲しかった!

OCNの電話相談の方に 心から感謝